読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Buena Armonía

日々の喜び・感謝・笑いを綴っていきます!

物事、難しく考えない方がうまくいく?

私の場合、恋愛と仕事を難しく(要は自然に逆らって)考えていたように思う。(この2つ、人生における二大トップ事項じゃない?)
先ず恋愛について。
遠い昔、初めての彼氏が出来たとき、お互いの気が引付けられるように自然とつき合うようになった。彼に対しては以前から好意を抱いていたし、彼もそうだったと言ってくれた。しかし、4年近く付き合い、私はその関係を終わらせてしまった。私の未熟で考え方が浅かったせい、且つ身勝手だったことに依る。その後10年間位はそんな自分に疑問を持つことなくいたので、やっぱり交際はうまくいかなかった。
年月は経ち、2012年バルセロナで出会った10歳年下の主人ハビとは、彼の誘いに応えるまま、会って話しをしたり、カフェでお茶をしたり、仕事場から駅まで送ってもらったりと一緒の時間を過ごしお互いを知り、自然につき合うようになり結婚に至った。お互いの気持ちはスムーズに自然な流れで前へ進んでいった。年の差については当初私の方だけは心の抵抗を持っていたけど、付き合いが始まってしまったらそんなことを考えていても仕方なく、うまくやることだけ考えれば良い。お互いが相手に愛想尽かさない限り、2人は一緒にいるんだと思う。ハビは私の恋愛史上唯一の成功例だ。

いま分ることは、一生のうちでちゃんとつき合える相手の数はそんなに多くないということだ。一人の相手とは最低1年間、各季節は一緒に過ごしたい。とすると、すぐ相手が見つかるすごい人でも、20代で8人、30代で8人、計16人。一番近い存在との真剣な人間関係を16人と創ることになる。20年で16人、大して多くない。
こう考えたら、もっと相手と正面から向き合い、誠実に、真剣に、貴重な自分の人生の一部分を共にする相手に、出来る限りの愛と優しさと明るさを与え、また受け取ることができたら最高だと思う。それだけで人生儲けものだ。

あと、今なら「恋愛」を「一番大事な人間関係(の元となる感情)」、「仕事」は「人に何を与えることが出来るか」と自分なりの定義付けでイメージを拡げて(又はその本質に沿って)向き合おうとしているので、少しはうまく進むようになったかな。

f:id:miwartequiero:20170418192303j:plain

日曜日の朝の海岸にて夫と愛犬パンダと。(Barcelona, Badalonaの海)